読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドール撮影のライティングを考える

ドールを可愛くきれいに撮影しよう〜。

とりあえず。。。
うちのこかわいい(*^^*)
オビツのロザリー様かわいい

f:id:kawaribanko:20170108204620j:plain

今回は使える機材をすべて使っての撮影となります。ガチ撮影です。

f:id:kawaribanko:20170108211421j:plain

はい!まずは撮影風景を。
左からオパライトにグリッド+グリッド
右から白反射傘
上から簡易オパライト
後からソフトボックス(白背景として使用)

f:id:kawaribanko:20170108212050j:plain

ライティングの基本的な考え方は1灯ごとにキチンと分けて考えるです。

1,まずはメインライトの明るさをと角度を決めます。ここがスタート地点で一番大切ですので妥協しないでください。
2,フィルライトを考えます。ポートレートの場合は少し陰影を残すと立体感が出て良いのですが、ドールの場合はどうなんでしょう?今回は影を消す方向でセットしました。
3,このままではウィッグのトップが黒くなるのでトップライトをセットします。大体の光量比ですが、メイン:フィル:トップは1:2︙4ぐらいでした。
4,全部合わせてバランスを見る。

f:id:kawaribanko:20170108214910j:plain

f:id:kawaribanko:20170108214933j:plain

5,後のソフトボックスを光らせて白飛ばししたあと、ホワイトバランスや彩度コントラスト等を整えて完成です。

今回は室内で環境光をカットしての撮影でしたので4灯使用しましたが、野外で雰囲気良く撮影する場合はレフ板だけで機動力重視で行くほうが良い写真撮れるんじゃないかなと思う。

ドールはじめました。

オビツのロザリー様(ROSALIE)をお迎えしました。

はい!
一目惚れです!
憂いを帯びた目、儚い表情、ドストライク。

f:id:kawaribanko:20170105231500j:plain初めてドールをお迎えするにあたり色々調べました。
オビツ系ボディは服が少ないことも理解した上でのロザリー様です。

来週からお友達に衣装作成をお願いするために、しばらく旅立ちますので撮影はお預けですが…。

帰ってきたら外へ連れ出すぞ!